緊急事態宣言が発表された当初、東京都知事の緊急事態措置案に休業要請の対象として「理髪店」が含まれていたため、お客様や同業者からも「どうなるんだろう」と不安の声が上がりました。

その後、政府との調整で「社会生活を維持するうえで必要」となり、休業要請の対象外となりましたが、営業自粛をしておられるお店もあり、お客様も営業しているのかや、お店の衛生状態を心配される方もおられるので、理容師仲間から、

『理容師法に基づく消毒法や公衆衛生』について発信しようと声が上がりました。

我々、理容師は技術だけではなく、理容師法や消毒法、公衆衛生や化学などを学び、国家試験を受けて、理容師免許という国家資格を有しています。

また、理容室を開設するためには、消毒薬や消毒器具の種類、待合スペースや理容椅子の台数に応じた広さや店内換気の方法などを管轄保健所から確認検査を受けて営業許可が出されるようになっています。

理容師法の消毒には消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム、蒸し器による蒸気消毒、紫外線消毒、煮沸消毒などその器具ごとに適切な消毒を行っています。

例えば顔に乗せると気持ちいい、蒸しタオル。

実は、ただ温めているのではなく、”80℃以上の蒸気に20分以上触れさせる”という消毒法に従って消毒しているのです。

剃刀やハサミやブラシなど器具類もエタノールや次亜塩素酸ナトリウム、紫外線灯など、それぞれに適した方法で消毒しています。

このように、理容業では今までも、また、これからも、感染症対策として様々な消毒法を用いてお客様の安全のために取り組んでいます。

さて、今回の新型コロナウイルスに対して、感染経路は飛沫感染、接触感染などが考えられていますが、まだまだ実態のよくわからないものです。

その予防として密室、密集、密接の「3密」を避けましょうと言われています。

お店では従来通り、手洗いや消毒をして、店内の換気を行い、さらに、お客様同士が”密”にならないように、予約時間の間隔を空けたりして対策をとっております。

しかし、理容業ではお客様との距離が近く、
ソーシャルディスタンス(社会的距離=2メートル以上の距離をあけましょう)を保つことが困難です。

まあ、2メートル離れたら手が届かないので施術できませんが・・・。

また、症状について、発熱や呼吸器症状、味覚や嗅覚障害、倦怠感などいろいろ言われていますが、無症状の方もおられるようで、本人も気づかないうちに感染を拡大させている恐れもあります。

自分自身も毎日の検温や体調管理に気をつけていますが、知らぬ間に感染し、お客様や家族にうつしてしまうのではないかという不安は拭い切れません。

しかしながら、理容師である自分たちが感染源になるわけにはいかない。

理容師は理容師免許がないと名乗ることも、業務としても行えないという、その、プロとしてのプライドと知識を持って、この、”新型コロナウイルス”という見えない敵と戦いながら、今日もお店に立っています。

世界中で感染拡大が続く中、まだまだ先の見通しが立たない状況ですが、社会生活をするうえで必要な生活衛生サービス業として、少しでも皆様の気持ちが晴れるように、少しでも気持ちよく過ごしていただけるように、できうる限りの対策をして営業していきたいと思っています。